院長ご挨拶

東北整形外科

HOME NAVI

HOME NAVI

HOME NAVI

HOME NAVI

HOME NAVI

HOME NAVI

HOME NAVI

HOME NAVI

東北歯科

HOME NAVI

HOME NAVI

HOME NAVI

HOME NAVI

HOME NAVI

HOME NAVI

banner

手 術

膝関節疾患を中心に年間約900件の手術を行っております。
膝関節疾患の手術は、関節鏡(内視鏡)を用いた半月板手術や、靭帯再建手術、あるいは変形性膝関節症に対して、関節温存手術(高位脛骨骨切り術)や人工膝関節手術を中心に行っております。
関節鏡(内視鏡)を用いた前十字靭帯再建手術は2013年に133件、2014年に130件、2015年に146件、2016年に177件行っております。
人工膝関節手術は2013年に250件、2014年に257件、2015年に249件(全国19位)、2016年に219件行いました。
※高位脛骨骨切り術についてお知りになりたい方は ひざの痛みと治療方法人工関節手術についてお知りになりたい方は、人工関節.com をクリックしてください。

   

リハビリ

リハビリ室から皆様へ
リハビリ室では、医師の処方に基づき一般の整形疾患のリハビリテーションから、学生・スポーツ選手へのアスレチックリハビリテーションまで、スタッフが治療及び指導にあたらせて頂いています。私達は膝・スポーツの専門スタッフとして、治療・指導のみならず、手術後や障害の早期回復・復帰へ向け、より専門的なリハビリテーションを提供できるよう個々がプロ意識を持ち、患者様一人一人のご意見、ご要望に耳を傾け、医師、看護師、手術室、リハビリ室と連携しつつチームで患者様をサポートし、一日でも早く回復できるようお手伝いできればと業務に取り組んでおります。一人一人にあった治療プログラムを考え社会・日常生活・スポーツへの復帰をお手伝いさせていただきます。

 

入院される方へ

入院当日は13時から13時半に受付に来院し、受付をして下さい。

(昼食を済ませてから来院して下さい)

入院の手続き

・診察券

・保険証

・診療費等支払保証書兼身元引受人書(3か所押印)

・同意書(主治医の説明を受けられた後にお渡しします。2か所押印)

・限度額適用認定証⇒ こちらをクリック

・入院、手術をされる方へ

持ち物

・洗面用具

・着替え(リハビリのできる動きやすいもの、上はTシャツ・トレーナーなど、下は短パン、またはももまで上がる太さにゆとりのあるズボン)

・下着・コップ・ティッシュ・スリッパ・曲がるストロー(数本)

・フェイスタオル5枚位(1枚は足を拭くのに使用するので、汚れても良いタオルに名前を書いてご準備下さい)

・氷のうMサイズ(スポーツ用品店で取り扱っています。)

・マスク(市販のもの。1箱くらいあると便利です。12月〜3月末までは必須)

・リハビリ用の靴 ・一本杖(退院時に使用) ・T字帯(2〜3枚)

・座布団2枚(クッションその他代用品不可、手術後に足を高くするのに使用します)

面会時間

<面会時間>

 

平日・土曜日:午後2時〜7時

日曜日・祝日:午前10時〜12時 午後2時〜7時

※面会は定められた時間内にお願いします。

(面会票をナースステーションにて記入し、面会者札を受け取ってお部屋へ)

※感染予防のため近親者のみの面会となります。又、小学生以下の面会はご遠慮願います。

【注意】 12月〜4月(流行状況により、期間変動します。)に入院される方

インフルエンザ、感染性胃腸炎などが流行します。
マスクの持参及び着用と手洗いをお願いします。
また、付き添い(ご家族)以外の方はおかえり頂いておりますのでよろしくお願いいたします。

pagetop